Blog Detail

This is Photoshop`s version of Lorem Ipsum. Proin gravida nibh vel velit auctor aliquet Aenean sollicitudin, lorem quis bibendum auctor, nisi elit consequat.

  • 1 Comment

ガールズバーと言うのはお酒を飲む男性客をもてなす仕事になりますから、そこで働く女性もお酒を飲める方が望ましいということは言えます。
しかし、お酒が飲めない女性でも働くことは可能になっているところが多いです。
だから、お酒飲めない女性でもガールズバーの仕事はできるものの、万が一の事態に備えるということを考えながら、お店を選んでいきましょう。

面接のときにお店の対応を確認しておくことが重要

ガールズバーのお店によっては、お酒が飲めない女性のための配慮をしてくれているところがあります。
お酒が飲めない女性に対しての配慮があるところとないところでは、働きやすさに大きな違いが生まれます。

したがって、その点を面接時に確認をして、できるだけそういう女性のことを考えてくれるお店を選びましょう。
そういった意味では、採用してくれるところがあっても、お酒が飲めない女性にとって望ましくないお店だと感じたら断ることも必要ということになります。

お酒が飲めない女性への配慮の具体例

お酒が飲めない女性への配慮がきちんと存在するお店はそんな対応をしてくれるのか?を知っておきましょう。
具体例を知るとイメージしやすいと言えますから、こういった対応が可能なお店を選ぶことをおすすめします。

一緒にお酒を飲めないことを許容するお客さんをつけてくれる

お店によっては、男性客に事前に店員である女性がお酒を飲めない状況でも問題ないか?を確認します。
そのうえで大丈夫な場合に限って、お酒が飲めない女性店員につけてくれるのです。

お酒を飲める女性がヘルプで入ってくれる

お酒を普通に飲むことができる女性店員がそばについてくれるので、その人も一緒に男性客を相手してくれます。
したがって、自分がお酒を飲めなくても男性客を満足させることができるのです。