女子大生が働きやすいバイトであるガールズバーのお店

This is Photoshop`s version of Lorem Ipsum. Proin gravida nibh vel velit auctor aliquet Aenean sollicitudin, lorem quis bibendum auctor, nisi elit consequat.

女子大生が働きやすいバイトであるガールズバーのお店

  • Home

女子大生が稼ぎやすい高時給のガールズバーバイト

女子大生として、学業も遊びも恋もお洒落も楽しみたいのではないでしょうか。時間はある程度作ることができても、必要なのはお金であり、バイトをしなければと思う人は多いです。ガールズバーはバイトでも時給がいいためおすすめです。ガールズバーの仕事の時給は、1800円から2500円くらい、あるいはそれ以上にもなるかもしれません。これだけの時給があれば、数時間働くだけで十分なほどの稼ぎを得ることができます。女子大生生活を満喫するチャンスをガールズバーのバイトで得ることができるでしょう。ガールズバーでバイトをしたい時は求人サイトを利用したほうがいいです。高時給なバイトを探している女子は、求人サイトは要チェックですよ。
→→→安全かつ高時給なガールズバーについて!

ガールズバーの仕事は待遇もばっちり

ガールズバーの仕事は待遇もばっちりであり、ウェルカムな対応をしてくれます。時給が高いだけでなく、1日2-3時間でもOKとか週に1日からでも対応してくれる、日払いも可能であるとか、寮が完備されているところもあります。交通費支給はもちろんのこと、無料送迎やボーナスなどもあるかもしれません。カウンター越しでの接客のみで、お酒に弱くても大丈夫など、働きやすい条件が揃っているのです。

体験入店があるガールズバーのバイト

こうしたバイトは、初めての女性にとっては不安なことでいっぱいかもしれません。でも、未経験でも挑戦可能なガールズバー求人なのです。ガールズバーは先輩が優しく指導したり、体験入店させてくれたりすることがあります。働く前の不安な時に体験入店をさせてもらえるというのは実にありがたいことです。しかも、体験入店をしても収入は発生し、稼げるのも嬉しいことです。体験することで、できそうだなという手応えを感じることができるので、不安な気持ちがなくなっていきます。ガールズバーでの仕事の、体験入店により、同じお店で働くスタッフと知り合うことができたり、特別に難しいことをするわけではないことを理解できます。すぐにでも仕事がしたいという気持ちになれるに違いありません。
→→→戦力としてガールズバーで働く時に必要な能力

ガールズバーで働くのに適した服装

基本的には自由

キャバクラやクラブなどと比べると、服装は自由です。
ドレスを着なくてもOKです。
お店のコンセプトなどによって、服装が決められているところもあります。
大半のガールズバーでは、働く際の服装は自由です。
接客業であるため、相手を不快にさせない程度の服装であることは守らねばいけません。
それさえ守れば、カジュアルな服装で働いても問題はありません。
あまりにもラフすぎる服装はNGですけどね。
その辺りのことは、働く前に店側と相談しましょう。

ガールズバー店員の定番服

女服の定番でもありますが、ワンピースを着て仕事をする人が多いです。
様々なデザインがありますし、シンプルで男受けも抜群です。
着る側としても、上下のコーディネートに悩むということがありません。
2、3着ぐらい持っていれば便利です。
女らしさを出したかったら、フリル付きの服がおすすめです。
こちらも男性受けが良いアイテムですし、プライベートでも着れる服です。
下はフレアスカートを合わせるのが定番ですね。
これらの服装は、ガールズバーでよく見かけます。
まずは、他の人の真似から入ってみましょう。

制服があるお店で働く

服を選ぶのが面倒だったり、服を買うのにお金がかかる。
こういう人におすすめなのが、制服を貸与してくれるお店で働くことです。
コーディネートに気を使わなくて良いですし、お金もかかりません。
制服の場合は、お店によってデザインが様々です。
いかにもバーテンダーという感じから、メイド服。
コスプレをするところまであります。
その辺りは個人の趣味などもあると思います。
入店前に制服の有無を調べて、どんな制服なのか確認しておきましょう。
自分の好みで入店を決めるのもありです。

女子大生に人気のガールズバーバイトの時給とシフトと安全性


ガールズバーのバイトは時給が高い
時給が1000円でも良い方と思う人は多いですが、時給が2000円だったらどうでしょうか。5時間働くだけで1万円になるわけで、やってみたくなるのではないでしょうか。ガールズバーの時給は、2000円を超えることは少なくなく、中には3000円にもなる場合さえあります。さらにお客にお酒をもらうと、女の子にバックが入るようになっており、高いお酒だと、バックの金額も跳ね上がることになりますので、日給が3万円とかそれ以上にさえなるかもしれないほど、わくわくするバイトです。
→→→ガールズバーによって様々な部分で異なっている給料

ガールズバーのシフト

ガールズバーのシフトはどのようになっているのでしょうか。お店によりますが、ほとんどのお店は、自由です。シフトは1ヵ月というよりも1週間単位で出すことが多く、予定があるために、お店に入ることができなくても全く問題がありません。稼ぎたい場合には、早い時間から早朝まで入ることができるし、終電前には上がりたいということで、夜の11時くらいで終わることもできます。週に2-3日くらいお店に入る人が多く、大学生は、学業との両立を上手にしながら、しっかりと稼いでいます。
→→→内緒で働くことができるガールズバー求人の魅力

ガールズバーは安全です

なんとなくキャバクラとガールズバーは同じようなものと思うかもしれませんが、大きな違いがあり、ガールズバーは基本的に安全で、お客から触られることがありません。カウンター越しの接待ですし、過度な露出をするということもありません。また、キャバクラのようにあからさまにランキングされるようなこともなく、変なプレッシャーを感じることもありません。お客とどこか外で会うように誘われるようなこともないために、ガールズバーは安全であり、女子大生に人気のバイトです。
→→→お酒飲めない女性がガールズバーで働くときのお店の選び方

風俗店ではなく飲食店であるガールズバーについて!

ガールズバーは風俗ではない

ガールズバーと聞くと、キャバクラなどの風俗と同じようなお店というイメージがします。
ところが、ガールズバーは風俗ではありません!

ガールズバーとは、簡単にいうと“女性がバーテンダーを務めているバー”であり、バーや居酒屋と同じカテゴリーの“飲食店”なのです。

ガールズバーというなんとなく怪しいアダルトな雰囲気が漂うことから風俗店だとしばしば誤解されてしまいますが、ガールズとは“女性バーテンダー”という健全な意味なのです。

法律面からみても、キャバクラなどの風俗とガールズバーは「風俗営業許可」がいるか否かでハッキリと区別されています。
→→→ガールズバーで上手に働くための接客方法とは

風俗営業許可

風俗営業許可とは、風俗店が営業をするために必要な許可です。
風俗営業許可がいるか否かは“接待”をするか否かが分かれ目となります。

この接待とは、法律的な言い方をすると「お客をもてなすために用いる歓楽的雰囲気を醸し出す方法」です。
“歓楽的雰囲気を醸し出す方法”を簡単に説明すると、キャバクラなどであるようにお客に長時間侍ってトークなどで楽しませたり、ショーを披露したりすることです。

お酌をしたり、常識的な範囲で世間話をしたりして受け答えすることは法律的には接待となりません。

ガールズバーは女性バーテンダーがカウンター内からお客を常識的な範囲でもてなすだけなので接待はしないので風俗営業許可は必要なく、飲食店営業許可だけで営業できます。
→→→ガールズバーの女の子と客が付き合うことって本当にあるの?

ガールズバーの営業時間

風俗店であるキャバクラなどは風営法の規制によって、0時〜6時の間は営業できません。
しかし、飲食店であるガールズバーは深夜酒類提供営業開始届さえ提出すれば、0時を越えた営業も可能となっています。

■おすすめサイトはコチラ…ガールズバーのバイト情報「https://www.gb-walker.jp/recruit/」